家づくり、どこに頼もうか?

家を建てるにあたり、業者選びはとても重要です。設計から建築までトータルで付き合っていく重要な存在である依頼先は、慎重に選ぶ必要があります。以下では、大手ハウスメーカー・地元工務店・建築家、それぞれの特徴をご紹介します。

大手ハウスメーカー

モデルハウスの見学ができる 広告費をかけているため価格が高め
規格型の住宅が多いため、
仕上がりにばらつきが少ない
工法が制限されるため、
個性的なデザインには対応できない
品質が一定なため、
完成する住宅をある程度イメージできる
設計士と直接話せないため、
要望やイメージが上手く伝わらないケースがある
一般的に工期が短い(工法によって異なる) 規格型プランには強いが、
オリジナルプランには弱い

地元工務店

信頼関係を構築しやすく、
引渡し後も家族的な付き合いができる
価格にバラつきがあることが多い
地域密着型の業者が多く、
地域の気候・風土に根ざした家づくりができる
技術に差があるため、力量を確かめないと
イメージからズレた家ができることがある
フットワークが軽く、
引き渡し後のアフターメンテナンスが充実している
対応できる工法に限界がある
中間業者が少なく、コストダウンを図りやすい  

建築家(設計事務所)

デザイン性に優れた斬新で個性的な家ができる 設計料が高く、コストバランスにかける
ハウスメーカーや工務店が対応できないような
難しい設計やデザインにも対応できる
建築家との相性が合わないと、
途中でトラブルになる可能性がある
工事監理を委託できるため、
現場を厳しくチェックできる
 
お客さまの「これをしたい」に適切なご提案でお答えします。一緒に夢を実現しませんか?まずはしっかりお話をしたいと考えています。